叔父:手術日が決定しました

先日、扁平の大腸ポリープが見つかった叔父。
総合病院の2人目の先生の診察が今日の午前中からありました。

10時予約だったのですが、9時半には病院に到着。
血圧と体重を測って診察を待っていました。
番号が呼ばれて診察室に入ると、担当の先生がいらっしゃり、かなり丁寧に説明をしていただきました。

こちらの仕事の都合なども考え、早いほうがいいだろう、ということで6月17日(水)に手術(ESDかEMRで)をするということでした。
手術、といっても大腸カメラと変わりない下剤を飲み・・・という準備だけで、当日、大腸カメラで取れるポリープよりも大きいポリープなので、出血などの可能性が高くなるので、入院で状況を見ていくというのが流れのようです。
ただ、実際、手術当日、カメラを入れた段階で、スネアで取れそうなら、日帰りできる可能性もあるということでした。

入院は水曜日にして、おおよそが、金曜日〜日曜日に退院できることが多いとのこと。
すぐに手術日が決められたので、手術のための事前検査も今日でやることになりました。

・血液検査(4本)
・心電図
・レントゲン
・検尿

をとってから入院の説明。
12時過ぎにやっと終わりました。

あとは当日までに入院の準備をして、手術1週間前から食事を制限(種のないものを食べるなど)、前日は消化のいいものを食べて、当日は朝8時から入院とのこと。

手術中に関してはコロナウイルスの影響で1名のみ、付き添い可能ということなので私が付き添うことに。

まずはそれまでにある様々な書類をチェックして記入、準備をして、仕事の調整をしなければいけないかな、と思っています。

まずは次のステップに進めたのでほっとしています。

おすすめの記事