2013年4月1日に、スペシャルドラマ『リッチマン、プアウーマン in ニューヨーク』が放送されたばかりのリッチマン、プアウーマンですが、以前、2012年7月9日から2012年9月17日までフジテレビの月9ドラマでした。

私たち夫婦はめずらしくこのドラマにはまって、毎週見ていたのですが、このスペシャルを見ながら、夫と話していたのが、

「たしかこれを見ているとき、お腹の痛みがなんだかわからなくて、横になりながら観ていた。病院に行かないとね、って話していたころだよね。」

と言う夫の話で、調べてみたらやっぱり時期的にビンゴでした(笑)
たしかに思い出してみると、私は机に座って、夫はお腹が痛いとベッドに横になりながらこのドラマを観ていたな・・・と思い出しました。

そしてこのドラマの途中で、大腸検査があって、大きな腫瘍が見つかったのです。
ちょうど、腫瘍が見つかって2週間くらいたった、ドラマ最終回の日に

「私たちの会社もこれからだね。手術はしないといけないはずだから、さらにがんばらないとね。」

なぁんて話していたのを思い出しました。
あのときはまさか、大腸がんだなんて思わなかったので、そのときの気持ちがスペシャルをみながらどわ〜っと押し寄せてきました。

そしてそのスペシャルをこうやって抗がん剤治療をうけながら観てるのもなんだか不思議な気持ちで。
ただのドラマといえばドラマなのですが、こうやってそのときに観ていたもの、聴いていた曲とかを思い出したり、時間が積上っていく感覚をあらためて感じました。

夫が手術をしてまだ5ヶ月。もう5ヶ月。
大腸がんと発覚してからは6ヶ月がたちました。
フルスピードで走ってきたので、あっという間でしたが、あと3ヶ月くらいの抗がん剤治療。そしてあと4年半後の一区切りの「5年」まで日々、大切に、そして楽しく過ごしていきたいとあらためて思いました!




読んだよ!クリックお願いします!↓↓更新のモチベーションになります♪
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ

おすすめの記事