がん、と聞くとステージは??早期発見??などとよく聞かれるようになります。

私たちもなんとなく、は知っているものの、では説明して!と言われると危うい部分もあるので、復習として、まずは夫のがんのステージについてまとめてみました。

がんのステージは、深達度、リンパ節転移、腹膜転移、肝転移、肝以外の遠隔転移の有無の組み合わせで決まります。
ステージ0〜2期までは、深達度が関係きますが、ステージ3〜4はその深達度は関係なく、ステージが決まります。

夫の場合は

ステージ3a

ですので、深達度は関係なく、リンパ節転移が3個以下、腹膜転移、肝転移、肝以外の遠隔転移なし、となります。

当初、10/16の最初の外科外来で

おそらくリンパ節への転移は2カ所。10mmが1つ、5mmが1つ。

という診断をうけていました。
手術が終わった結果、目視でのリンパ節の腫れ、転移は2カ所で合致。
たいてい、事前の予想より、リンパ節転移に関しては、多くなる方が多いということですが、夫の場合は当初確認していた2つでした。
そのため、手術後もステージはかわらず、でした。

その後の病理検査結果で、1つだけ、リンパ節転移が認められるということで、病理検査になると1つ減った状態で嬉しかったのを覚えています。

名医が語る最新・最良の治療 大腸がん―あなたに合ったベストな治療法が必ず見つかる!! (ベスト×ベストシリーズ)


がんのステージを学ぶのにとてもわかりやすかった本はこちら。

一般的に早期のがんと言われるのはステージ0〜1で、ステージ2からは進行がんと分類されます。
ただし、ステージ1でも進行がんと診断されるものもあるので、個人差が大きいというのがとてもよくわかります。

さらにがん細胞の種類にも病理組織学的分類というのがあり、高分化型、中分化型、低分化型などがあります。
8割〜9割は高分化型〜中分化型と言われており、残りの1割ほどが、低分化型、粘膜癌で、その絶対数が少ないということで、あまり事例があがってこないという実状もあるようです。

夫の場合、低分化型と中分化型が両方ふくまれているということで、下行結腸が全体の4.8%と言われる中、すべてが絶対数が少ない部分での大腸がんになります。
先生によると、低分化型は暴れん坊ながん細胞ということだったので心配していましたが、こればっかりは心配してもしょうがない!ので、今は毎日を楽しく過ごすことを一番に考えています。

おすすめの記事