叔父の大腸カメラ検査が終了。ポリープあり。

今日、叔父の大腸カメラ検査を終えてきました。

朝9時からの検査だったのですが、ちょっと早めの8時40分には病院の駐車場に到着。
45分まで駐車場で待って、中に入りました。
私は受付とおおよその終わる時間を確認していったん帰宅。

叔父は昨日、病院から与えられた大腸カメラのための食事をとり、今日は午前中、病院で下剤を飲み、ひたすら便を出したようです。

それからOKをもらい、午前中の診察が終わった12時から大腸カメラ検査ということで、13時ごろに合わせて再度病院へ。
ちょうど検査が終わって休んでいるというところだったようでタイミングバッチリでした。
それから5分ほどで叔父が検査室から出てきて少し話を聞いたところ、

・ポリープを1個とったみたい
・何かいろいろやっていたけど、とれなかったものがあるとかなんとかで紹介状を書くらしい

と聞いて、待合室ですぐに検索。

・ポリープなど、大腸カメラ検査で取りきれないパターン
・大腸カメラ検査の次の検査が腹腔鏡検査なのかどうか

ざっと知識を頭に入れて後、大腸カメラの結果説明をうけました。

所見としては
・盲腸近くの条項結腸に憩室が散在
・左側横行結腸に径13×7mmくらいの中心が少し陥凹して見える扁平ポリープがある(EMRでの切除が必要と思われる)
・径3mmくらいのポリープは生検鉗子で切除、病理検査にまわした
ということでした。

その中で扁平ポリープに関しては、あまりよくないポリープの場合もあるので、まずは大きな病院に紹介状を書くので、ということでした。今回とったポリープの病理検査の結果は来週木曜日に結果を聞くことになり、その際に紹介状ももらうことになりました。
紹介状をもらったらすぐに予約を入れて早め早めに進めなければいけないなぁと思っています。

EMRに関しては、まだまだ知識が不足しているので、今日から少しずつガイドラインを読んだり、体験談を読んだりして知識をプラスしていかねば、と思っています。

ちなみに今回の料金は10,480円でした。

この概算表とは全く金額が合致しないのですが、それはそれでいいのかな・・・と思いつつ来週の診察までに情報を集めねばと気合いれているところです。

ちなみに叔父はテンション下がってました・・・。

おすすめの記事